学習ノート

学習者ゆえ、記事の内容は間違っていることもあります。ご了承ください。

【2021/9/20実施】AWS Certified Cloud Practitioner 模擬試験(基本レベル①)結果

AWS Certified Cloud Practitioner 模擬試験(基本レベル①)

2021/9/20実施

 

1. 結果

1回目:不合格 55%正解(36/65)

 

2. 不正解のキーワードと関連語句

  1. Amazon CloudWatch(モニタリングサービス、ダッシュボード、メトリクス)
  2. AWS マネジメントコンソール(AWSリソース管理)
  3. AWS Systems Manager(インフラ可視化、インフラ制御)
  4. セキュリティグループ(ファイアウォールインスタンスごと)
  5. ネットワークACLファイアウォール、サブネットごと、インバウンド、アウトバウンド)
  6. ルートテーブル(VPC の各サブネット、ネットワークトラフィックの経路を判断)
  7. AWS Database Migration Service(DMS、データベース移行)
  8. AWS Server Migration Service(SMS、サーバ移行)
  9. AWS Application Discovery Service(データセンター移行、情報収集)
  10. AWS Schema Conversion Tool(SCT、データベーススキーマ変換)
  11. EBS(ブロックストレージ、EC2からアタッチ、スナップショット、S3に保存、増分バックアップ、ブロック単位で圧縮、インターネットからの接続不可)
  12. Amazon Elastic File System(EFS、ファイルストレージ、複数EC2からアタッチ可、インターネットからの接続不可)
  13. S3、Glacier(オブジェクトストレージ、複数EC2からアクセス可、インターネットからの接続可)
  14. マルチAZ構成(高い稼働率、99%以上のSLA、ホットスタンバイ、データ冗長化、コスト2倍)
  15. マルチリージョン展開(災害対応、ホットスタンバイ、ウォームスタンバイ)
  16. オートスケーリング展開(可用性、高い稼働率には不十分)
  17. リードレプリカ(Amazon RDS、マルチAZ構成→特定リージョン指定→スタンドアロンのDBインスタンスに昇格→災害復旧改善、可用性、耐久性、パフォーマンス改善、コスト最適)
  18. インターネットゲートウェイVPCコンポーネント、ルートテーブル、ネットワークアドレス変換)
  19. リージョン設置(S3、DynamoDB、Route53、IAM、Direct Connect、CloudFront、WAF、Shield、Trusted Advisor、Artifact、AWS Personal Health Dashboard
  20. オートスケーリング(設定不要S3、設定必要EC2, ECS, RDS)
  21. Amazon AuroraMySQLおよびPostgreSQL互換、自動バックアップ有効、バックアップ保持期間はDBクラスターによって管理、バックアップはパフォーマンスに影響を与えない)
  22. Amazon Athena(Amazon S3 内のデータを標準 SQL を使用して簡単に分析)
  23. VPC(仮想ネットワーク、カーブアウト)
  24. Amazon RDS(高速パフォーマンス、高可用性、6つのデータベースエンジンから選択)
  25. Amazon ElastiCache(NoSQL型、インメモリDB、Redis、Memcached
  26. Amazon EMR(ビッグデータフレームワーククラスタフレームワークビッグデータ処理にクエリを利用した処理可能
  27. Amazon Redshift(データウェアハウス、リレーショナルデータベース、データ解析のみに特化、データ処理不可
  28. Amazon DynamoDB(NoSQL型)
  29. AWS Organizations(アカウント作成を自動化、グループ作成、ポリシー適用、必要なAWSサービスへのアクセスのみ許可)
  30. IAM(アカウントを作成・管理、自動化できない、グループ作成できない)
  31. Infrastructure as a service(IaaS、ハードウェアまで提供)
  32. Platform as a Service(PaaS、ハードウェア+ミドルウェアまで提供)
  33. Software as a service(SaaS、ハードウェア+ミドルウェア+アプリケーションまで提供)
  34. Desktop as a Service(DaaS、仮想デスクトップサービス)
  35. Amazon マシンイメージ(AMI、EC2インスタンスの起動、OS選択、EC2バックアップ、スナップショット、ゴールデンイメージ、AMI共有、リージョン移動)
  36. Amazon S3 Transfer Acceleration(エッジロケーション利用、クライアントと S3バケット間、長距離ファイル転送)
  37. S3マルチパートアップロード(大きなファイルを複数分割、 S3バケットにアップロード)
  38. S3パブリックアクセス(S3内に保存したオブジェクトを公開)
  39. AWS WAF(一般的なウェブの弱点から保護、ウェブアプリケーションファイアウォールトラフィック通信を検査)
  40. AWS GuardDuty(AWS アカウントとワークロードを監視、悪意のあるアクティビティや不正なアクティビティから保護)
  41. AWS Shield(分散サービス妨害DDoSに対する保護サービス)
  42. Amazon Inspector(EC2インスタンス分析、脆弱性チェック、ルールパッケージ、評価テンプレート、AWSにデプロイしたアプリケーションのセキュリティとコンプライアンス向上)
  43. Amazon Simple Workflow(Amazon SWF、ワークフロー管理アプリケーション、現在はStepFunctions)
  44. AWS Config(AWSリソースの設定を評価・監査・審査、構成変更管理、履歴管理、スナップショット)
  45. ELB - Application Load Balancer(ALB、HTTP, HTTPS トラフィックの負荷分散に最適、WEBアプリケーションに利用)
  46. ELB - Network Load Balancer(NLB、TCP, UDP, TLSトラフィックの負荷分散に最適、超低遅延)
  47. ELB - Classic Load Balancer(CLB、複数のEC2インスタンスの基本的な負荷分散
  48. ELB - Gateway Load Balancer(GLB、セキュリティ、ネットワーク分析、サードパーティーアプライアンスを操作するのに最適)
  49. AWS Lambda(コンピューティングサービス、サーバレスアプリケーション)
  50. キーペア(パブリックキーとプライベートキー、Amazon EC2インスタンスに接続)
  51. 初めからマルチAZ構成のフォールトトレランス(Amazon S3Amazon DynamoDB
  52. ユーザが指定してマルチAZ構成のフォールトトレランス(Amazon RDS、 Amazon ElastiCache)
  53. RDSにおいてプライマリデータベースが応答しない場合に自動フェールオーバーを実行する(マルチAZ構成)

 

3. まぐれ正解のキーワードと関連語句

  1. 多要素認証(MFA、セキュリティ強化、IAMユーザーまたはAWSアカウントのルートユーザーに対して MFAを有効にできる)
  2. Amazon CloudWatch Logs(EC2インスタンスAWS CloudTrail、Route 53、およびその他のソースのログファイルを監視、保存、アクセス)
  3. VPCフローログ(VPCのIPトラフィック情報をキャプチャ)